上松 恵理子

上松 恵理子(武蔵野学院大学)

学歴

  • 新潟大学大学院人文科学研究科情報文化専攻修士課程修了
  • 新潟大学大学院現代社会文化研究科後期博士課程修了
  • 博士(教育学)

職歴

新潟大学教育学部非常勤講師(2010年まで)
現在、武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部非常勤講師、
東洋大学非常勤講師、実践女子大学非常勤講師、
新潟リハビリテーション大学非常勤講師を兼任

研究員としては現在、早稲田大学招聘講師・研究員、
国際大学GLOCOM客員研究員、
明治大学 サービス創新研究所客員研究員、
BBA一般社団法人ブロードバンド推進協議会研究員を兼任

研究分野
ICT教育 モバイルコミュニケーション 情報リテラシー メディアリテラシー

社会活動
2012年4月~現在 教育における情報通信(ICT)の利活用促進をめざす議員連盟
有識者アドバイザー、
Asuka Academy理事、
大学ICT推進協議会(AXIES)オブザーバー、
日本デジタル教科書学会副会長(顧問2015年~現在)

直近の研究業績
[著書]

・『小学校にプログラミングがやってきた!超入門編』三省堂
・『ポスト・モバイル社会』「モバイルメディアと学校教育-学びと学力観の新たなグローバルスタンダード」(世界思想社、平成28年)
・『The Post-Mobile Society: from the Smart/Mobile to Second Offline (Ontological Explorations Routl) 』「Mobile Media and School Education平成28年(Routledge社)
・『ケータイ社会論』「子ども・学校・ケータイ」(有斐閣、平成24年)
・『読むことを変える-新リテラシー時代の読解-』(単著)(新高速印刷、平成22年)
[翻訳]
・『教師のためのメディア情報リテラシーカリキュラム』http://unesdoc.unesco.org/images/0019/001929/192971jpn.pdf(ユネスコ Media and information Literacy Curriculum for Teachers、平成26年)
・『デジタル時代のメディア・リテラシー教育』第5章(東京学芸大学出版会、平成27年)
[国際論文]
・「Analyzing Survey Results for Media Usage of Japanese High School Students」APCJ, The Asia-Pacific Collaborative education Journal
(APCJ, ISSN 2092-674X, (Online)ISSN 2092-6758)Vol.6 No.2,2010.e-journalー3、平成22年)(査読有))
[国内論文]
・「ICT教育におけるメディアリテラシー教育」『情報処理』Vol.56,No.4,pp.322-326,pp.314-315.(情報処理学会誌、平成27年)
・「ディジタル端末を使った教育最前線」Vol.97,No.9,pp.812-816(電子情報通信学会誌、26年)
・「韓国におけるICT教育」『教育と医学』pp.82-89(慶応義塾大学出版会、平成26年)
・「Keitai Novel Literacy」(Published by The Unesco International Clearinghouse on Children, Youth and Media、平成24年)
・「モバイル・メディア教育の課題」(情報通信学会誌28(4) 平成23年、共著)

ホームページ

http://uematsu-lab.org/